ベビーカーの人気ブランドは オシャレ度?使いやすさ?

人気メーカー

ベビーカーを選ぶときの基準ってなんでしょうか?

どういうところを見て決めたいと思いますか?

持ちやすさ、たたんだ時のコンパクトさ、オシャレ度、押した時のスムーズさ、、使いやすさ、価格などなど。

人によってそれぞれ選ぶポイントって違うと思います。

購入された方のおすすめ度の高い順の口コミを見ても、こだわる部分はかなりバラバラですね。

こだわって選んでも使ってるうちに、気になる部分が出てきたので買い替えたとか、実際に何度も店舗に行って確かめてからネット通販で激安価格を調べた、とか。

赤ちゃんと外出する時は、いつも使うベビーカーだから選ぶ時は慎重に考えます。

楽天通販ではベビーカーの売れ筋ランキングも最新30位まで見ることができますが、ブランドにはちょっと偏りがあるように思います。


どのベビーカーにしようか迷われている方は、購入者の口コミも参考になります。

おすすめ度の高いレビューをチェックすると購入の際の基準になるかもしれません。

ベビーカータイプ別比較|おすすめランキング

3輪ベビーカー(バギータイプ) 1ヶ月〜
3輪ベビーカー

スポーツタイプが、人気急上昇中です!

これまでのベビーカーとはまったくデザインが違うベビーカー。コンパクトなタイプとはやはり安定感が違います。

大きめの車輪で赤ちゃんの乗り心地は快適です。

横幅があるので電車移動には向かないかも。

エアバギー/クイニーザップ/マウンテンバギー/ブライタックス/ゾロガルバ/etc.

主に輸入品
タイヤ大
取り回し楽
3輪バギー詳細ページへ
4輪 B型ベビーカー 3ヶ月〜
4輪ベビーカー

オーソドックスで利用範囲の広さが魅力です。

コンパクトにたためて、置き場所も少なくて済みます。電車やちょっとしたお出かけ、お散歩など使い道を選ばず幅広い用途で使えます。

小回りもききやすく、軽いので持ち歩きは楽です。はじめて購入するならこのタイプは安心ですね。

マクラーレン/アップリカ/コンビ/カトージ/シルバークロス/マイクラライトetc.

背面式
リクライニング110°
4輪B型ベビーカー詳細ページへ
A型ベビーカー 1ヶ月〜
A型ベビーカー

新生児から使えて様子が見えるのが安心です!

生まれたばかりの赤ちゃんを寝かせたまま乗せられるのがA型ベビーカーの特徴です。

対面式なので、顔を見ながら話しかけられたり、様子が分かるのが一番のポイント。AB兼用タイプもありますが、少し重いのが難点かもしれません。

アップリカ/コンビ/カトージ/グレコ/etc.

対面式
リクライニング150°
A型ベビーカー詳細ページへ
チャイルドシート装着可能ベビーカー 1ヶ月〜
チャイルドシート

クルマでの移動が多い方には特に便利です。

ブランドは限られますが、ベビーカーのシート部分にチャイルドシートを取り付けられるタイプです。

クルマに乗り込むときにも、寝かせたまま移動できるので便利です。

別売りのアタッチメントが必要なこともあります。

クイニーザップ/マイクラライト/バガブー/ストッケエクスプローリー/etc.

1台2役
対面式可能
新生児OK
チャイルドシート装着可能詳細ページへ

人気ベビーカー|選ぶ時の注意点

赤ちゃんが生まれてから、初めてのベビーカー選びはとても楽しいですね!

ショップに出かけて並んでいるのをあれこれ見たり、街でオシャレなベビーカーを見かけて、あのベビーカーはどこのブランドの製品だろう?と、気になって後を追っかけてみたり。

同じベビーカーでもアクセサリーでドレスアップされていて、楽しいオリジナルなベビーカーになっているのを見かけて、マネしてみたくなったり。

先輩ママのアドバイスを聞いて、どれにしようかと迷っている時も楽しい時間です。

そんなベビーカー選びで、気になるポイント、注意した方が良いところをあげてみました。

人気ベビーカーブランドの傾向

ベビーカー

ベビーカーはご存知のとおり和製英語で、海外では赤ちゃんを乗せて運ぶカートのことを「ストローラー」または「バギー」と呼ぶようです。

ストローラーの方が一般的なようですが、日本でストローラーと言ってもピンとこないですね。

ただ、バギーという呼び方は少し使われだしているようで、少し大型の3輪タイプのベビーカーをバギーと呼ぶようになってきています。

日本で乳母車と言われていた頃から比べると、ベビーカーも軽量なものになってきました。

アップリカマクラーレンなど、できるだけコンパクトにたためる4輪タイプが主流でしたが、クイニーザップエアバギーなどの海外からの輸入製品で3輪のスポーティなタイプが増えるに従って、車輪が大きくてフレームもがっちりしたベビーカーを好んで使う方も、増えて来ました。

最近ではストッケエクスプローリーなど従来のデザインとは全く違ったベビーカーもあります。

クルマでの移動が増えてきたり、住宅事情の変化もあるのかもしれませんが、赤ちゃんの乗り心地が良さそうなベビーカーが多くなってきていますね。

1台だけではなく、簡単な移動用と長時間利用するものと使い方をわけて持っている方も多くなっているようです。

国産メーカーと海外メーカーのベビーカーがありますが、最近は輸入ブランドの比較的大型のサイズのものが増えているようですね。

日本ではベビーカーを使う年齢を2〜3歳くらいと考えて作っているようですが、輸入メーカーの場合は、利用年齢を4歳頃までを目安にして作っているようです。

そのため、日本のベビーカーと比べると大きい印象を受けるようです。

日本人の場合は体格の違いもあるので、海外ブランドのベビーカーを通販する時にも、実際のベビーカーを押してみる機会を作ると良いかもしれません。