マクラーレンベビーカーを価格比較して激安格安で手に入れる!

イメージ左

MACLARENはイギリスで生まれたプレミアムブランドです。世界で最も厳しいとされている英国の安全基準に適合しており、1967年世界ではじめて折りたたみ式のベビーカー(ストローラー)を発売しました。

そのすぐれた機能性と洗練されたデザインが好評で、販売されている国は50ヶ国以上にものぼっています。そして母国の英国王室をはじめ、ベッカムやブラッド・ピットなど欧米各国のセレブリティに支持されています。

どうしてマクラーレンを選んだのか?

使いやすさ、操作性、カラフルな色、マクラーレンにはいろんな理由があるようです。

マクラーレンベビーカー通販人気ランキング

マクラーレン クエスト - Maclaren quest - 3ヶ月〜
マクラーレンクエスト

マクラーレンで最も人気のあるクエスト。

シートは4段階調節ができ、月齢3〜4ヶ月から4歳頃までたっぷりと使えます。

クエストにはシンプルなスポーツとデザイン柄のモッドがあり、好みに合わせて選べます。

飽きのこないデザインです。 こちら 1.口コミを見る

重量6.2kg
高104cm
詳細ページへ
マクラーレン ヴォロー - Maclaren volo - 6ヶ月〜
マクラーレンヴォロー

メッシュ素材とアルミを使う超軽量モデル。

熱がこもらないメッシュ生地とフルアルミ合金のフレームで、その軽さに驚きます。

シートポジションは1つだけで機能は最小限ですが、機動性にあふれた作りが人気です。

セカンドバギーにぴったり。 こちら 2.口コミを見る

重量4.6kg
高102cm
詳細ページへ
マクラーレン トライアンフ - Maclaren triumph - 6ヶ月〜
マクラーレントライアンフ

シートポジションが自由に変えられて便利。

A型ベビーカーから乗り換えるのに最適なトライアンフです。マクラーレンの中ではシックな色使いが人気です。voloよりも重い分、機能は充実。

それでいてコンパクトな実用的なモデルです。

双子用のタイプもあります。 こちら 3.口コミを見る

重量5.7kg
高102cm
詳細ページへ

マクラーレンベビーカーを激安通販で購入する時の注意

マクラーレンベビーカーを通販で購入する際に確認しておきたいことは、正規代理店が販売するマクラーレンか、並行輸入されたマクラーレンかということです。

日本での正規代理店は、野村貿易株式会社/野村プレミアムブランズ株式会社となります。

激安価格で販売されているマクラーレンは並行輸入されているものといえますが、MACLARENは国によって仕様の違いがあったり、PL法などの問題から、技術研修を受けたスタッフがメンテナンスを行うように規定しています。

ですので、並行輸入品は製品の仕様が日本向けとは違うという理由から、メンテナンスや修理サポートを断られる場合があります。

そういったことを理解した上で激安通販を利用される場合は、自己責任においての使用となりますので注意が必要です。

メンテナンスやサポートが必要な方は正規品をおすすめします。

マクラーレンベビーカーが人気!

マクラーレンベビーカー

マクラーレンのベビーカーは海外セレブにとても支持されていますね。有名なところでは、デイビッド・ベッカム、ナオミ・ワッツ、ブラッド・ピットなど。

日本でもそのセレブたちの影響で使い始めた方も多いようです。ですが、一度使ってみるとどうしてマクラーレンがそんなに使われているのかが分かります。

細かい仕様は日本製のベビーカーの方がうまく出来てる部分も多いのですが、その軽やかな操作性と安定性に魅力を感じるようです。

2台目に買い替えるベビーカーはマクラーレンにするとか、友人の使っているものを借りてみて自分に合いそうとか、口コミでその人気が伝わっているようですね。

通販では、選べる種類も色もとても豊富なので、シックなものからポップなものまでちょっと人とは違った柄や色を見つけて、自分だけのマクラーレンを楽しめると良いですね!

マクラーレンベビーカーについて

MACLARENは英国の航空工学者が、自分の娘の子供のために折りたたみ式のベビーカーをデザインしたことから始まりました。ベビーカーは和製英語で、折りたたみ式乳母車のことは英語でストローラーと呼んでいます。日本ではベビーカーを使用する年齢を2〜3歳頃として作られていますが、マクラーレンの場合は4歳頃まで体重にして15kgくらいを目安にして作っています。

そのため、日本の製品と比べると比較的大きくて丈夫な印象を受けるようです。

折りたたんだ時に自立しないことや、車輪が幌にあたって汚れてしまうなど、日本の消費者にとって良いことばかりではありませんが、マクラーレンを使ってみてその操作性の良さを味わうと、赤ちゃんを乗せて安全に走行するというベビーカー本来の目的を再認識することでしょう。